歯を白くするなら研磨剤無しホワイトニング用歯磨き粉がいい

歯を白くするなら研磨剤無しホワイトニング用歯磨き粉がいい

 

日本では多くの方が歯の悩みをお持ちですが、この歯の悩みの中でも意外と多いのが歯の着色についてです。

 

例えば、たばこをよく吸っている人は歯が黄色っぽくなりますし、コーヒーをよく呑む人の場合も歯が黒くくすんで見える人がたまにいます。

 

実際にコーヒーを飲む程度で色が着くものなの??と普通の人は思われがちなのですが、意外と日頃食べている食べ物や飲み物が原因で歯に着色してしまうケースは多いようです。

 

ただし、こういった食べ物や飲み物で着色した場合は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使っていけば、ある程度は元の歯の色に戻していけます。

 

ただそこで注意したいのが、ホワイトニング効果のある歯磨き粉の中には研磨剤が含まれていて、その研磨剤で歯の表面を削りすぎて、逆に歯に着色しやすくなるケースもあるというところです。

 

しかしその研磨剤の中にも粒子の大きいものや細かいものと種類があり、細かいものでしたらそれほど削ることも無いようですので安心ですが、一般に販売されている歯磨き粉の内容成分は分かっても、粒子の大きさまでは分からないモノがホトンドです。

 

 

そうなると研磨剤の入っていない歯磨き粉を選んだ方が安心できると思います。

 

そしてそこでお勧めしたいのが「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」です。この薬用ちゅらトゥースホワイトニングなら研磨剤が入っていません

 

でも実際には研磨剤が入っていた方がより歯が白くなるのでは?と思われている方も多いですが、研磨剤が入っていなくても有効な成分が入っていれば人によって効果の差はあるものの歯を白くする効果は出てくる場合が多いです。

 

例えばこの薬用ちゅらトゥースホワイトニングの内容成分を見ていくと、歯を白くする為にポリアスパラギン酸ナトリウムという成分が入っています

 

これは歯の表面に付着した汚れを浮かせる効果が有り、さらにその汚れを取り除く事ができる成分だそうです。

 

更にこのホワイトニング用液の内容成分のひとつのりんご酸により、歯に汚れを着きにくくしていくことで、さらに歯を白く保つ効果を上げていっています。

 

もちろんこれ以外にもホワイトニング効果のある歯磨き粉は沢山ありますが、研磨剤の入っていないものを選ぶのでしたら、この薬用ちゅらトゥースホワイトニングはおすすめだと思います。